カテゴリー別アーカイブ: 税金

相続の不都合な真実

富裕層

  素焼きのミックスナッツを食べると必ずクルミが残る井上です。   相続税は2014年時点では 相続発生した人の4.4%の人しか 関係なかったのです。   でも2018年は8.5%の人が 関係あるようになりました。   2015年以降は相続税の 基礎控除額が縮小されたのが大きいですね。   「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」が 「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に 変更されたのです。   結構なインパクトでまさに長生きリスクですね。     ちなみに 課税があった被相続人1人に対する 相続税額の平均は1,813万円だそうです。     それでもまぁ、うちは関係ない? とも言い切れないのが相続。     司法統計年報というのがあるのですが 遺産分割事件の新受件数は 平成10年時点で1万302件でした。     それが平成30年は1万5706件です。 20年間で1.5倍増。   そして   遺産分割事件で争っている金額は 5000万円以下が全体の76.3%。 1000万円以下が33.0%。     相続問題というと 資産家の問題と思われがちですが 全然そんなことはないのです。     相続税を支払う人よりも もめている件数の方が3倍程度も数が多い。     特に認知症の問題も昔以上に 問題となっている現代社会では 先延ばしリスクって思っている以上に 大きいのですね。   本日はこれまで。蛇♪     写真は北海道の幸福駅。   LINEも登録してね ・新幹線に半額で乗る方法(60%オフまであり) ・55,000円で14万円分の旅をする方法 ・SPGカード新規加入者・新規の通常ポイントに加え +10,000ポイントプレゼント独自追加キャンペーン など独自でお得な情報を提供しています。   続きを読む

富裕層サークル

富裕層

切り口がすごいと言われた井上です。 何の切り口なのかはまだよくわかってません(汗) 今日はお金の流れのはなし   お金をもらう ↓ 使う ↓ なくなる   これが一般的な人のお金の流れ   でも富裕層はこれ以外に別の流れを使ってます。   お金を出資する ↓ 増やす ↓ 増えた分を使う お金を働かせる お金に働いてもらう といった行動をしています。   この富裕層サークルに入ると お金は使っても減らないので 二極化はますます顕著になっていきます。 もうかなりなってるけど。   調べてみると どうやらこの3年で日本では 富裕層の資産は34兆円増えて333兆円。   しかも昔のドッカンターボ車のように 後半に伸びる伸びる。   それが行きつくところまでいって そのあとどうなるのかは 私が予測してもしょうがないのでしません(汗)   でもこの形は 成功曲線でもあるし複利曲線でもあるので それが否定されることはないでしょう。   なのでみんな 富裕層サークルに入りたい。 でも入り口がむずかしくできていて 一回理解できれば簡単に入場できるのだけど 理解するまでに時間が掛かるように 設計されているんです。   サークルの中には 月利20%とかの安全案件もあったりします。   ただ、こういうおいしい案件は 先に権利がある人のものですので 自分の前には、やってきません。   特に富裕層サークル外の人には絶対にやってきません。   年末年始は詐欺師にとっての「かき入れ時」ですので 注意してくださいね。   渦中の人になってたら手遅れだけど(汗) そんな話あったら相乗します。 じゃなくて相談のります(苦笑)   ちなみに 富裕層と呼ばれる 総資産1億円越えは133万世帯。 3年前は126.7万世帯だったので 6.3万世帯増えています。   つまり 仲間入りするチャンスは 誰にでもあるということです。   何をどうすればよいのかわからない。 何を信じてよいのかわからない。 まずはその見極めのつけ方など 知っておいた方が良いかと思います。 でも知ったところで多分やられます(笑) 知ってるのと行動するのは 別回路が働いてしまいますので。 そのあたりの仕組みは セミナーでもお伝えしていますが 長くなるので別の機会に。。   蛇♪  続きを読む

サラリーマンの税金の実態

税金

  住民税10%・社会保険料約13%(自己負担分)それに所得税が5~45% サラリーマンは源泉徴収だから何もしないで引かれていくわけです。   しかも消費税10%年金も少なくなりとどめに死んだら相続税。 それなのに財政赤字。 どこかで計算がおかしいわけです。   全ては先延ばしされてると考えた方が良いのだと思います。   とはいえ、自衛の手段はないことはありません。   別に隠された情報でも何でもなく知っているか知らないかとやるかやらないかただそれだけだったりもします。     サラリーマンを辞めなくても全然対応策なんてあるわけですが知ってる人はそのことにあまり触れません。   みんなが動いてしまうと制度改悪になるのが世の常という不都合な真実があるからです。   続きを読む

改めて相続税の基礎控除

税金

  お金の健康アドバイザーの井上雅裕です。   日常的に相続税の基礎控除に触れる生活から遠ざかっていたのですが改めて確認したところ 基礎控除=3,000万円+(法定相続人の数×600万円) いつ変わったんだ?と思ったら平成27年の税制改正のようでそれまでは   基礎控除=5,000万円+(法定相続人の数×1000万円)   これって不動産と現金だと結構な人数が相続税支払う対象者になるのではないのかな?   と思ったらそれでも推定10%程度の人にしか掛からないようです。     今回、なぜ気になって調べたかというと親戚が家を買うときに贈与のことを聞いてきたからなのですがこれから先も相続税が少なくなりそうな気配は薄いですね。   相続税が掛かる人特に改正で掛かるようになった人は毎年の贈与で対応できそうなので早めに対応したいところですね。   こういうのって保険の見直しみたくなかなか面倒だからやりはじめないですから思い立った時に一気に作戦立ててスケジューリングしたいところです。 続きを読む