相続の不都合な真実

 

素焼きのミックスナッツを食べると必ずクルミが残る井上です。

 

相続税は2014年時点では
相続発生した人の4.4%の人しか
関係なかったのです。

 

でも2018年は8.5%の人が
関係あるようになりました。

 

2015年以降は相続税の
基礎控除額が縮小されたのが大きいですね。

 

「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」が
「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に
変更されたのです。

 

結構なインパクトでまさに長生きリスクですね。

 

 

ちなみに
課税があった被相続人1人に対する
相続税額の平均は1,813万円だそうです。

 

 

それでもまぁ、うちは関係ない?
とも言い切れないのが相続。

 

 

司法統計年報というのがあるのですが
遺産分割事件の新受件数は
平成10年時点で1万302件でした。

 

 

それが平成30年は1万5706件です。
20年間で1.5倍増。

 

そして

 

遺産分割事件で争っている金額は
5000万円以下が全体の76.3%。
1000万円以下が33.0%。

 

 

相続問題というと
資産家の問題と思われがちですが
全然そんなことはないのです。

 

 

相続税を支払う人よりも
もめている件数の方が3倍程度も数が多い。

 

 

特に認知症の問題も昔以上に
問題となっている現代社会では
先延ばしリスクって思っている以上に
大きいのですね。

 

本日はこれまで。蛇♪

 

 

写真は北海道の幸福駅。

 

LINEも登録してね

・新幹線に半額で乗る方法(60%オフまであり)
・55,000円で14万円分の旅をする方法
・SPGカード新規加入者・新規の通常ポイントに加え
+10,000ポイントプレゼント独自追加キャンペーン
など独自でお得な情報を提供しています。

 

友だち追加