「GAFAM」と世界分散投資

 

・Google
・Apple
・Facebook
・Amazon

 

の頭文字を並べたものが「GAFA(ガーファ)」


それにMicrosoftを加えて「GAFAM」
いわずもがななアメリカの巨大企業。

 

これらの巨大企業の行く末について
いろいろなことが言われてます。

 

確かに30年前の株式時価総額を見てみれば
大多数が日本の大企業だったのが
今や1社も50位以内にいないわけですので
将来はどうなるかはわかりません。

 

そんな中での私の考え方としては
あまりこれらの巨大企業の
プラットフォームに依存した
ビジネス展開はしないこと。

 

google広告やfacebook広告とかに依存したり
Amazonをプラットフォームにした物販とか

過去にもそういうの一気に変更になって
オジャンになった話とかよくありますからね。

 

それと「GAFAM」って投資の視点から考えると
【世界分散投資】になってないわけです。

 

今後「GAFAM」が調整局面を迎えて
株価が暴落したとしてそこから
長期で積立で行ったとしても
分散になってないのです。

 

【長期・分散・積立】は負けない投資の基準ですが
あくまでも世界分散が条件なのです。

毎月数万円得をする 「航空マイル」 「クレジットカード」 「ポイントサイト」 有効活用法プレゼント

メールマガジン登録で 無料プレゼントいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です