月別アーカイブ: 2020年12月

期待値が見える投資

証券

大晦日でコロナ禍ですが会ってくれませんか?と誘われた井上です。 暗号通貨だか怪しいネットワークだか 宗教の勧誘なのか知らんけど(笑) ちなみにビットコイン280万円超えて儲かってるでしょ! ともよく言われますが、残念ながらひとかけらすら持っていません(汗) 持ってないとダメな気もしてるけど。。 最近、あんまり自己判断で投資するのが 好きじゃないんですね。。。 だって勝ち続けるの難しいですから 減るときは絶対ありますからね。 最大ドローダウン時に耐えられるほどの メンタルを持ち合わせてないんです。 といいながら昔は一撃うん百万とか 何回かやられてますけど・・・ ってやられてるんかい(苦笑) まぁその時気づいたのですが 私自身が研究するのとかもあんま好きでもなく やればギャンブル投資になってしまうだけ。 うまくいく道理がそこに全くなかった。 逆に、封印されてしまいましたが dポイント投資の時みたく 期待値が見える投資は大好きです。 放置系の投資も、期待値見えてて好き。 でも期待値見えてるのって みんなに気づかれると封印されるという 運命にあるんですよね。 ということで本年はこれまで。 皆様良いお年を。 蛇♪ 毎月数万円得をする 「航空マイル」「クレジットカード」「ポイントサイト」 有効活用法プレゼント中 https://manychat.com/l1/82inoue続きを読む

楽天証券が9カ月で100万口座増

証券

  福助収集が趣味なのに10年以上 一個もコレクションが増えていないことに 気づいた井上です。   楽天証券が500万口座突破したそうですね。 しかも9カ月で100万口座増。 ここで興味深かったこと。   ひとつは 200万口座から300万口座へは35カ月 300万から400万へは15カ月 400万から500万口座へは9カ月と 加速度的に伸びている点 もうこの成功曲線(複利曲線)の型にはまると 止めることはできない。   と、アインシュタイン博士は言っていた。。。 のかはわかりませんが、僕の中では芸術作品(苦笑)     そして、投資初心者の比率は7割超。 つまり70万人の人が新たに投資の世界に 足を踏み入れたことになるわけですね。     「つみたてNISA」も好調のようで 積立投資は早く始めれば超絶有利!なので それはとてもいいことだなと思います。     いま、気づいて行動した人たちは 本当にすばらしい。     でも、ひとつ注意しときたい点も。。。     大きな声では言えませんが 証券口座開設してお金入れてね そのお金が溶けてなくなるまでの期間って 半分になるのが1年、全部なくなるのが2年 とか言われてます。(データ不詳・笑)     もちろん増やす人もいるけど ほどんどの人はなぜか減るんですよ。     これも法則があって 初心者が自己裁量で判断してる場合は これもまた芸術的にやられるんですよね(汗)       麻雀でも初心者ほど高い役と 上がりを狙いに行きます。 でもそれだと相手に振り込んだり 先に上がられてしまうんです。     一瞬は勝てても最後には勝てないのです。     そういえば昔 『ノーマーク爆牌党』という 麻雀漫画の登場人物に「鉄壁保」という キャラがいて「爆守備」が得意でしたが 脱初心者になるには 「爆守備」大事だと思います。       あ、 「つみたてNISA」だから大丈夫。 とか思う人もいるかも知れませんが 決してそうとも言い切れないんです。     このあたりのことは セミナーでもお伝えしていますが 長くなったのでまた別の機会に。。 蛇♪   ーーーーーーーーーー 【お知らせ】 毎月数万円得をする 「航空マイル」「クレジットカード」「ポイントサイト」 有効活用法プレゼント メールマガジン登録で 無料プレゼントいたします。 https://manychat.com/l1/82inoue続きを読む

富裕層サークル

富裕層

切り口がすごいと言われた井上です。 何の切り口なのかはまだよくわかってません(汗) 今日はお金の流れのはなし   お金をもらう ↓ 使う ↓ なくなる   これが一般的な人のお金の流れ   でも富裕層はこれ以外に別の流れを使ってます。   お金を出資する ↓ 増やす ↓ 増えた分を使う お金を働かせる お金に働いてもらう といった行動をしています。   この富裕層サークルに入ると お金は使っても減らないので 二極化はますます顕著になっていきます。 もうかなりなってるけど。   調べてみると どうやらこの3年で日本では 富裕層の資産は34兆円増えて333兆円。   しかも昔のドッカンターボ車のように 後半に伸びる伸びる。   それが行きつくところまでいって そのあとどうなるのかは 私が予測してもしょうがないのでしません(汗)   でもこの形は 成功曲線でもあるし複利曲線でもあるので それが否定されることはないでしょう。   なのでみんな 富裕層サークルに入りたい。 でも入り口がむずかしくできていて 一回理解できれば簡単に入場できるのだけど 理解するまでに時間が掛かるように 設計されているんです。   サークルの中には 月利20%とかの安全案件もあったりします。   ただ、こういうおいしい案件は 先に権利がある人のものですので 自分の前には、やってきません。   特に富裕層サークル外の人には絶対にやってきません。   年末年始は詐欺師にとっての「かき入れ時」ですので 注意してくださいね。   渦中の人になってたら手遅れだけど(汗) そんな話あったら相乗します。 じゃなくて相談のります(苦笑)   ちなみに 富裕層と呼ばれる 総資産1億円越えは133万世帯。 3年前は126.7万世帯だったので 6.3万世帯増えています。   つまり 仲間入りするチャンスは 誰にでもあるということです。   何をどうすればよいのかわからない。 何を信じてよいのかわからない。 まずはその見極めのつけ方など 知っておいた方が良いかと思います。 でも知ったところで多分やられます(笑) 知ってるのと行動するのは 別回路が働いてしまいますので。 そのあたりの仕組みは セミナーでもお伝えしていますが 長くなるので別の機会に。。   蛇♪  続きを読む

サラリーマンの税金の実態

税金

  住民税10%・社会保険料約13%(自己負担分)それに所得税が5~45% サラリーマンは源泉徴収だから何もしないで引かれていくわけです。   しかも消費税10%年金も少なくなりとどめに死んだら相続税。 それなのに財政赤字。 どこかで計算がおかしいわけです。   全ては先延ばしされてると考えた方が良いのだと思います。   とはいえ、自衛の手段はないことはありません。   別に隠された情報でも何でもなく知っているか知らないかとやるかやらないかただそれだけだったりもします。     サラリーマンを辞めなくても全然対応策なんてあるわけですが知ってる人はそのことにあまり触れません。   みんなが動いてしまうと制度改悪になるのが世の常という不都合な真実があるからです。   続きを読む

アマゾンやフェイスブックが銀行業界に進出?

金融

お金の健康アドバイザーの井上雅裕です。 どうやらアメリカの法改正によって大手企業が銀行免許を持てることが可能になるようですね。   いよいよという感もしますが日本だと楽天だってイオンだってセブンだって銀行を持ってます。   セブン銀行なんてATM手数料だけで莫大な収益ですしとにもかくにも銀行業務は収益性が良い事業。でもそれもこの先はどうなることやら。。。   さらに既存の銀行はもっと苦戦が続く気がします。 そもそもアメリカ人って既に銀行口座持ってない世帯が3350万世帯いるとされてますしキャッシュレスの時代になって銀行の在り方も変わっていきそうですね。   続きを読む

家族信託とか認知症保険とか

老後資金

お金の健康アドバイザーの井上雅裕です。 認知症問題って表面化してからだとかなり手遅れです。   介護の問題もありますがお金の問題も大いにあります。 認知症を発症すると介護費用は2倍になるという試算も出ています。(出所:家計経済研究所「認知症の状態別にみた費用」)   厚生労働省によると既に2020年推定600万人の認知症患者がいらっしゃる。 そして2050年少なくとも約800万人と予想されています。そのころの推定人口が1億人なので8%の人が認知症になる計算。     家族信託とか認知症保険とか対応できる手はあるわけですがこういうのって随分前から準備してないと手遅れ。 思い立った時に準備しておくことが大事ですね。   続きを読む

改めて相続税の基礎控除

税金

  お金の健康アドバイザーの井上雅裕です。   日常的に相続税の基礎控除に触れる生活から遠ざかっていたのですが改めて確認したところ 基礎控除=3,000万円+(法定相続人の数×600万円) いつ変わったんだ?と思ったら平成27年の税制改正のようでそれまでは   基礎控除=5,000万円+(法定相続人の数×1000万円)   これって不動産と現金だと結構な人数が相続税支払う対象者になるのではないのかな?   と思ったらそれでも推定10%程度の人にしか掛からないようです。     今回、なぜ気になって調べたかというと親戚が家を買うときに贈与のことを聞いてきたからなのですがこれから先も相続税が少なくなりそうな気配は薄いですね。   相続税が掛かる人特に改正で掛かるようになった人は毎年の贈与で対応できそうなので早めに対応したいところですね。   こういうのって保険の見直しみたくなかなか面倒だからやりはじめないですから思い立った時に一気に作戦立ててスケジューリングしたいところです。 続きを読む

「GAFAM」と世界分散投資

長期分散積立投資

  ・Google・Apple・Facebook・Amazon   の頭文字を並べたものが「GAFA(ガーファ)」 それにMicrosoftを加えて「GAFAM」いわずもがななアメリカの巨大企業。   これらの巨大企業の行く末についていろいろなことが言われてます。   確かに30年前の株式時価総額を見てみれば大多数が日本の大企業だったのが今や1社も50位以内にいないわけですので将来はどうなるかはわかりません。   そんな中での私の考え方としてはあまりこれらの巨大企業のプラットフォームに依存したビジネス展開はしないこと。   google広告やfacebook広告とかに依存したりAmazonをプラットフォームにした物販とか 過去にもそういうの一気に変更になってオジャンになった話とかよくありますからね。   それと「GAFAM」って投資の視点から考えると【世界分散投資】になってないわけです。   今後「GAFAM」が調整局面を迎えて株価が暴落したとしてそこから長期で積立で行ったとしても分散になってないのです。   【長期・分散・積立】は負けない投資の基準ですがあくまでも世界分散が条件なのです。 毎月数万円得をする 「航空マイル」 「クレジットカード」 「ポイントサイト」 有効活用法プレゼント メールマガジン登録で 無料プレゼントいたします。 続きを読む