コンビニよりも多いと言われる歯科医院。

確かに都心部では歯科医院は多すぎて
年収300万円のワーキングプアな
歯科医師も多いといいます。

どの商店街もテナントに入るのは
飲食店以外だと
コンビニ、歯科医院、美容院、整骨院、塾、エステ

こればかりになっているのは確かで
これらのビジネスを選択して結果を出すには
広告を出すだけでは反応などあるわけもなく
経営者自身がかなりの
マーケティング知識なしでは
到底太刀打ちできません。

ところがこれが地方都市だと
話はまるっきり変わるのです。

整骨院にしても歯科医院にしても
昔は保険診療がメインでしたが
自費診療に切り替えないと
難しい時代だと言われています。

整骨院だと骨盤矯正
歯科医院だとインプラント
というように自費診療に
切り替えていこうとしているのが
世の流れとされています。

ところが地方都市は実は
まだそうではありません。

歯科医院ではインプラントなどの
先端医療で攻めるより
最小ユニットで保険診療のみというのが
案外うまくいくのだそう。

確かにベテラン勢がいなくなり
自費や矯正に走った人が先行して
それが一巡したタイミングなのもあるでしょう。

整骨院にしても町レベルで
ライバルがいない場所に出店して
エキテンという口コミサイトで
無料ホームページを作れば
簡単に集客ができてしまったりするのです。

都会ではエキテンは終わった
と言われることも多いのに。。。

こんな事例を見るにつけ
「世間の言うことに正解なし」
というのはある意味正解だなと思うのです。